インテリアブログ イメージ画像

インテリアデザイナー 有名

出典:http://matome.naver.jp/odai/2133980069250003501

1929年カナダ・トロント生まれ。1957年、ハーバード大学院で建築を学んだ後、パリのアンドレ・ルモンデのもとで働く。1962年自身の事務所をロス・アンジェルスに開設し、名建築の数々を世に送りだす。現在、アメリカ建築家協会のメンバーでもあり、アメリカを代表する建築家の一人である。
ゲーリーの守備範囲は広く、ヴィトラ・ミュージアム、ビルバオのグッゲンハイム・ミュージアムなどの公共建築から、核家族向けの住宅まで、現代社会の変化に対応したスタイルの追求が特徴といえる。
家具の分野でも1972年に発表した段ボールで作られた家具シリーズ「イージー・エッジ」や合板を素材とした「クロス・チェック」など、素材の発想から極めて現代的で独特な作品を発表している。

Wiggle Side Chair

ウィグルサイドチェア
¥77,700

1970年に建築家フランク・O・ゲーリーによりデザインされた段ボール家具シリーズ「イージー・エッジズ」から、ヴィトラ社により復刻された「Wiggle Side Chair(ウィグルサイドチェア)」です。
段ボール製ということで、その構造的な強度を心配される方も多いと思います。しかし、強度確保はこの椅子のコンセプト。見えない所にスチールロッドやウッドによる補強がされており、確かな強度が確保されています。
実際に座ってみると、プラスチックや金属や木の椅子とは全く違う、優しい座り心地を楽しむ事ができます。

Eileen Gray アイリーン・グレイ

1878年アイルランド生まれ。ロンドン、パリで美術を専攻後、家具デザイナーに。1922年に彼女自身のインテリアデザイン事務所を開設。
1925年にはじめてのスチールパイプ製の家具の製作を行う。このアイデアは自邸として設計したロクブリュンのE1027ハウスでモダン建築とモダン家具の融合を発展させ、数々の名作を生み出した。スチールパイプという当時としては最先端の建築資材を家具製作に用いた手法は極めて斬新で、後の家具製作に与えた影響は計り知れない。同時代の巨人、ル・コルビュジエがパリ万博博覧会のパートナーとして彼女を選んだのも、彼女の自由でアバンギャルドな発想を認めてのことだったのだろう。テーブルE1027は世界で21のコピー商品があるといわれている名作である。

Adjustable Table E1027

アジャスタブルテーブル E1027
¥122,850

アイリーン・グレイのデザインの中で最も合理的で機能的なもののひとつとして挙げられるアジャスタブル・テーブル。このテーブルは、彼女が長年追い求めていた完璧な機能美が反映されています。25インチから35.5インチまでテーブルの高さを自由に調節できるという使う側にとって大変便利な機能付き。元来はベッドサイドテーブルといしてデザインされましたが、リビングルームやパーティでのオケージョナブル・テーブルとして最適です。世界中で安いコピー商品が最も多く出回っている家具。オリジナルはこの刻印のある商品だけです。本物を愛する人にお届けする逸品。

Ronan & Erwan Bouroullec ロナン&エルワン・ブルレック

ロナンは1971年、エルワンは1976年、共にフランス・フィニステール県カンペール生まれ。兄弟でプロダクツ、インテリアのデザインを手掛ける。
1998年、パリ家具見本市で国際審査員賞グランプリ、ニューヨーク最優秀新人賞を受賞するなど、注目を集め、作品はパリのポンピドゥー・センターやMoMAパーマネント・コレクションにも選定された。
既成の概念に捕らわれず、作品と使い手の新しい関係性をも提案する、印象的なフォルムの作品が特徴。カッペリーニ、ヴィトラ、ハビタなどからユニークなプロダクツを発表している。2000年、イッセイ・ミヤケのA-POCパリ店の空間デザイン、2006年、ルクセンブルグの美術館Mudamのレストランデザインを手掛け、各国で個展が開催されるなど、世界が注目する若手デザインデュオ。

Vegetal

ベジタル
¥39,900

植物からインスピレーションを受けてデザインされたロナン&エルワン・ブルレックの新作チェア「Vegetal(ベジタル)」。
葉脈のように複雑に重なり合った構造は、ポリアミドを用いた射出成形により実現。
4年の歳月を費やして誕生した美しいスタッキングチェアです。
室内でもアウトドアでも利用可能。自然を感じさせる6色のオーガニックなカラーがコンセプチュアルなイメージをさらに強化しています。

Konstantin Grcic コンスタンチン・グルチッチ

1965年ドイツ生まれ。ロイヤル・カレッジオブアートを卒業後、ジャスパー・モリソンのもとで働く。91年「コンスタンチン・グルチッチ・インダストリアルデザイン」を設立。余分なデザインを捨てたシンプルなプロダクトを数多く発表している。フロス社より発表された「メーデー」はニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションになっている。

Diana D

ディアナ D
¥226,800

金属板を折り曲げることにより生まれた個性的なフォルムのDiana(ディアナ)は、用途を限定せず、様々な使い方を想像させるまったく新しいテーブルシリーズです。
ボール紙による実物大のモデルを作成しながら進めるいつものデザイン手法に加え、コンピュータでテーブルのフォルムをアウトライン化した特別なフォントを作成し、そのタイポグラフィにより何度も何度もバランスやカタチを検証した結果、この美しい三次元のフォルムにたどり着きました。
シンプルな折り目が際立つデザインは、AからFのシリーズで展開。金属板にはパウダーコートが施されています。

Diana A

ディアナ A
¥82,950

金属板を折り曲げることにより生まれた個性的なフォルムのDiana(ディアナ)は、用途を限定せず、様々な使い方を想像させるまったく新しいテーブルシリーズです。
ボール紙による実物大のモデルを作成しながら進めるいつものデザイン手法に加え、コンピュータでテーブルのフォルムをアウトライン化した特別なフォントを作成し、そのタイポグラフィにより何度も何度もバランスやカタチを検証した結果、この美しい三次元のフォルムにたどり着きました。
シンプルな折り目が際立つデザインは、AからFのシリーズで展開。金属板にはパウダーコートが施されています。

Ron Arad ロン・アラッド

1951年、イスラエル生まれ。エルサレムのアートアカデミーで学んだ後、ロンドンのAAを経て、自身のスタジオを設立。当初実験的だった彼の作品は、マスプロダクツの中で、いかにアート性を発揮できるかという方向に向かい、大成功をおさめる。中でも、1997年のミラノサローネにアートモニュメントとして製作したスタッキングチェアをオリジナルとした「Tom Vac」と名づけられたチェアは特筆に値する。成型された一枚のポリプロピレンとスチールの脚というミニマムな構成ながら、雄弁な存在感、時代性を持ちあわせた彼の代表作である。
1997年からはRCAでも教鞭をとるなど、新しいデザインモデルの構築にも意欲を燃やし、また、ロンドンの有名なレストラン「BERGO」などの内装を手がけるなど、建築にも深い関わりを持ち、一貫して商業デザインのフレームの中にありながら、アート性豊かなデザインワークを続けている。

Tom Vac

トムバック
¥28,350

マスプロダクツの中でいかにアート性高いものを創造できるかに焦点を置いて活動を続けるロン・アラッド。中でもトムバックは秀逸の出来です。
一枚のポリプロピレンとスチールの脚だけというこの上ないミニマルなチェアは、圧倒的な存在感を発揮します。
単体として十分な存在感とインパクトですが、複数揃ったときには周囲の環境との調和が図られるなど、単体、複数両方での表情の違いが楽しめます。

George Nelson ジョージ・ネルソン

1908年、コネチカット州ハートフォードに生まれる。31年にイエール大学で建築の学位を取り、さらにローマのアメリカンアカデミーで学んだ後、ニューヨークでウイリアム・ハンビーと建築事務所を設立。
また、建築雑誌の編集長を務めたり、多くの建築・デザイン関連の著作を出版するなど、単にデザイン設計活動にとどまらない活躍を続けた。特に、46年から66年までの20年間、ハーマンミラー社のデザイン部長として、イームズ夫妻の才能をモダン家具に実現させた功績は大きい。ネルソン自身も、マシュマロソファ、ココナッツチェアなどの名作と高いアート性を有するネルソンクロックシリーズで、デザイナーとしての足跡を21世紀にも残している。

Nelson Marshmallow Sofa

ネルソン マシュマロソファ
¥612,150

このソファのオリジナルは、1956年から61年の間わずか186脚のみ生産されました。その稀に見るデザイン性と18個の丸いクッションによる座り心地のよさは、45年以上経た現代においても高い評価を得ています。また、マシュマロソファは家具の最初のポップアートで、アンディ・ウォーホルにも多大な影響を与えました。

Ball Clock

ボールクロック
¥29,400

キッチュ、カラフル、楽しい。そして新鮮。50年代にジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン・クロックは、発表と同時に商業面でもクリエイティブ面でもたちまち大成功を収めました。原色を使った大胆なグラフィックは、半世紀経った今でも色あせることなく私たちを魅了し続けます。アメリカ人デザイナーらしい遊び心が溢れる逸品。メカニックはドイツ、ユンハンス社製。
デザイン当時より、様々な仕様で作られていたBall Clockですが、このたび中心部に真鍮を用いたクラシカルなブラックカラーが復刻しました。

Sunburst Clock

サンバーストクロック
¥32,550

キッチュ、カラフル、楽しい。そして新鮮。50年代にジョージ・ネルソンがデザインしたネルソン・クロックは、発表と同時に商業面でもクリエイティブ面でもたちまち大成功を収めました。
原色を使った大胆なグラフィックは、半世紀経った今でも色あせることなく私たちを魅了し続けます。
アメリカ人デザイナーらしい遊び心が溢れる逸品。メカニックはドイツ、ユンハンス社製。

Barber Osgerby バーバー・オズガビー

共に1969年英国生まれのエドワード・バーバーとジェイ・オズガビーの2人はロンドンのRCAで出会い、ユニットを結成。1996年から本格的な活動をスタート。
Vitra、ClassiCon、FLOSから家具を発表する他、ロンドンのポールスミスなどインテリアデザインも手掛ける。1996年にデザインした<Loop Coffee Table>は、各国の美術館で永久保存品に選ばれている。

Paris

パリス
¥601,650

重厚感のある棚板とスチールの仕切り、二つの要素により構成されたシンプルな構造美が魅力のキャビネットです。棚板の溝に仕切りを合わせ、また棚板を重ねていくという簡単な構造なので、工具は不要。いつでも自由に組みなおすことが可能です。
パウダーコートを施したスチールの仕切りは1段につきL字型が2つ、U字型が1つ。ブラック、ホワイト、グレーの3色で構成されています。ウォールナットとグレーホワイト、2色の棚板より、空間に合わせてお選びください。両面から使えるので、お部屋の間仕切りとしても存在感を発揮します。

Saturn

サターン
¥190,050

アーチを描くフォルムが美しく、オブジェのような存在感があります。
コートやジャケットをそのまま気軽にかけても良し、それぞれのアーチの内側に付けられたメタルフックに、ハンガーをかけてご利用いただくことも可能です。使っていないときもアートのように空間を演出します。

Jean Prouve ジャン・プルーヴェ

1901年パリに生まれる。アール・ヌーヴォーの巨匠、ヴィクトール・プルーヴェを父に持つ。アール・ヌーヴォーの環境の中で鉄工芸の技術を習得し、鉄という素材を熟知するようになる。
1923年頃に自分のアトリエを設立、この頃パリでル・コルビュジエ、シャルロット・ペリアンらと知り合う。1930年には彼等と現代芸術家組合(UAM)を設立する。合理的で無駄の無い構造フォルムによる家具を多くデザインしたプルーヴェは、ナンシー市の市長、大学の教授等も努め、建築家としても活躍した。家具作品の多くは、2002年にヴィトラ社より待望の復刻を遂げた。

EM Table

イーエムテーブル
¥341,250

EMとはEntretoise Metallique = 金属製の横木という意味です。円形テーブルGueridonに見られる構造をスチール製のベースに長い横木を介することで、長方形のテーブルに適応させています。この家具はプルーヴェが熱帯地方用に開発していた組立・解体が可能な住宅「メゾン・トロピカル」のためにデザインされた一連の家具シリーズの一つです。見事に構造を分節しながらシンプルで組立解体が容易な「EMテーブル」は、プルーヴェの一貫した思想を見て取ることができるもので、ダイニングテーブルとして作業用テーブルとして幅広く使えます。

Standard Chair

スタンダードチェア
¥73,500

ジャン・プルーヴェを代表する椅子の一つであるスタンダードチェアはナンシー大学都市のコンペがきっかけで、木材とメタルの組み合わせを積極的にデザインに取入れました。1930年代から50年代にかけて、この特徴的なフォルムを持った椅子を様々なヴァリエーションをもって展開していきました。その中でもスタンダード・チェアは、最もシンプルな構造をもつものであり、プルーヴェの構造哲学を知ることができます。この椅子は背と座がプライウッドで、椅子に求められる力学を過不足なく表現したという意味でまさにスタンダードチェアです。

Joe Colombo ジョエ・コロンボ

1930年イタリア・ミラノ生まれ。1951年に前衛美術集団モヴィメント・ヌークアーレを結成。抽象絵画や彫刻等を手掛けるアーティストとして活動する。1962年にミラノにデザイン事務所を開設し、インテリア、プロダクトデザインの仕事を始める。アクリルを光らせる画期的な照明「アクリリカ」はミラノトリエンナーレ金賞、コンバッソドーロ賞を受賞し、一躍スターの座に。1971年に若くしてこの世を去るまでのわずか9年の間に数多くのプロジェクトを手掛け、イタリアンミッドセンチュリーを代表する多くの名作を残した。

出典:【デザイナー必見】超有名デザイナーが手がけた名作家具まとめ【インテリア】

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ