インテリアブログ イメージ画像

インテリア リビング 例

出典:http://matome.naver.jp/odai/2139998104531674001

子ども目線のお部屋作り

リビングも危険な箇所がいっぱい!

危険①

背の高い家具

地震対策はしていて、倒れにくくしているものの扉が無く中身が落ちる危険があるのは危険
中身を減らしたり、家具の移動を検討しましょう。

危険?

大抵の家庭はコンセントは赤ちゃんの手の届く高さにあります。感電などの事故になりやすい危険な場所なので、
コンセントガードやぐちゃぐちゃのコードも危ないのできちんとまとめておくのが賢明です。

危険③

家具の角

一人で歩けるようになるといろんな所に行きたいものです。
テーブルやテレビ台などの角は小さい子の顔の高さにあります。
もし、つまづいて家具の角に頭をぶつけてしまわないよう、万が一のことを考えて家具の角をガードしましょう。

デザインもかわいいものが沢山売られています。
勿論、100円均一でも入手出来ます。

また、ガラスのテーブルもおしゃれで良いですが、
思わぬケガにつながりかねません。
別の部屋などで使用しましょう。

危険④

子供の手の届く高さにあるゴミ箱は、
中身を出して遊んだり、中のゴミを誤飲してしまう可能性がありますので、安全な場所への移動が好ましいです。

危険⑤

小物が沢山入っている所なので、いたずらされてしまいそうです。指を挟んだり、ガラスの部分で手を切ってしまったり。ボタン等をいじって故障してしまうことも。
簡単には開けられないように工夫しましょう。

危険⑥

低い家具の引き出し

意外と見落としがちな箇所です。
好奇心旺盛な頃になると、自分で引き出しを引いて階段の様にして上に登ってしまい転落する事故も考えられます。

快適なお部屋を作るために。。

子供のいる家族のリビング 参考例

遊べるスペースを作ろう

出典:模様替えに♡子供のいるお部屋作り【参考例あり】まとめ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ