インテリアブログ イメージ画像

インテリアブログ68

出典:http://matome.naver.jp/odai/2137216078785783001

納戸とは?

納戸(なんど)とは、住宅において普段使用しない衣類や家具・調度品などを収納するための空間。建築基準法で「居室」の基準に適合しないものを言う。

大きさは様々な納戸。
よく考えて棚や家具を置かないと、物が取りにくいだけじゃなく、不用品のたまり場になってしまいます。

約1畳大の納戸とトランクルーム

左が納戸、右がトランクルーム。どちらも物置になっていて、収納としては使いづらそうです。

納戸はリビングに近いので思い出の品や季節用品をはじめとして、たまに使う日用品などもしまいたいそうです。そこで、すべて出して必要か必要じゃないか仕分ける作業から始まりました。

無印良品のシェルフを使って収納

納戸に沢山あった空き箱を数個だけ残し処分して、シェルフの横に今回捨てなかった物を収納。

シェルフを使うと高くスペースを使えるので、納戸がスッキリ収納しやすくなりますね。

S i m p l e + W h i t e 納戸(ビフォー)

引越し前に使っていたテーブルなどを収納されています。
誰も見ない納戸だったら、このままでも十分機能しそうですが、
小さいお子さんが走り回るためにドアを開けっ放しにしていると
リビングから見えてしまうため、見た目を良くするために改善されています。

S i m p l e + W h i t e 納戸(アフター)

無印のケースには目隠しを。
この目隠しにもこだわっていて、ホームセンターに売ってあるプラダンに自分好みの柄をコピーした紙を貼って、クリアファイルでコーティングされています。ただ白色にするんじゃなくて、柄を入れることで、もしお客様から見えてもおしゃれですよね。
そして、引き出しにはちゃんとラベリングもされています。

整理収納サービス実例(納戸) : 片付けたくなる部屋づくり

箱などが沢山あって、奥に入りづらそうですね。
床面にはモノがあふれています。

そこで使用頻度別に上段・中段・下段と分けて作業。

整理収納サービス実例(納戸) : 片づけ後

上段にはキャンプ用品やスキー用品。台をさかさまにしてしきりにしているそうです。
中段には出し入れの多いストック類。
下段は床置きをあまりせず、つるす収納に。

キッチンのモノはキッチンに移動させ、使い勝手がかなりよくなったそうです。

詳細はこちら
http://chipucafe.exblog.jp/18174982/

白い家?EDDI'sHouse?

納戸の左側。
手前には細い収納キャビネット(樹脂製の扉つき)
奥にはパイン材の収納棚を2個配置。
隙間のないように配置して上部2段を天板でつなげてあります。
その下にスペースができているので、本棚を配置。

白い家?EDDI'sHouse?

右側奥には3段ボックスを重ねて固定。
その手前のラックは、以前のお住まいで洗濯機の上のスペースに棚として使用していたものだそうです。
ピッタリ収まっていますね。

左右に設置した棚に荷物をまとめて収納しても、まだ収納スペースが残っているそうです。

natural smile 1F納戸(現況)

納戸の奥に天袋とポールがつくり付けられています。

natural smile 1F納戸(現況)

パイン材のチェストがかわいいですね。納戸に収納するのはもったいないみたいです。
同じチェストの購入を検討されています。
購入して2階におけば、衣替えのときに引き出しを入れ替えるだけで済むと考えてあります。

納戸をつくる時に参考になるサイト

出典:【納戸を活用!】納戸収納のアイデア・実例・活用法☆

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ